« ながされて藍蘭島 第25話 「鍛えて、へなちょこ」 | トップページ | 昨日の補足説明 »

タイトル?そんなもの知らん(←おい!)

らき☆すた ~陵桜学園 桜藤祭~ DXパック(限定版:豪華5大特典同梱) 特典 2種(内容未定)付き らき☆すた ~陵桜学園 桜藤祭~ DXパック(限定版:豪華5大特典同梱) 特典 2種(内容未定)付き

販売元:角川書店
発売日:2007/11/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 コンバンワァ(*ノ゚▽゚)ノャァャァ♪総司令です。
今日はひぐらしかと思えば、京都在住の少女が父親を殺害した事件の所為で、早いところのひぐらしの12話の放送は中止。 もし、他の局でやるのであれば、その局の日・・・動画がアップされた日に書きます。 ってことで、今日は、私の意見とお願いを書きます。

 ひぐらしとスクールデイズ最終話に抗議しようとしてる人、ちょっと待って欲しい。 抗議したいと言う気持ちは分かります。 勿論、今回のことをBPOの視聴者意見に書き込むのも結構です。 その時は、公に出しても恥ずかしくない文章を書いてくださいね。 ですが、ちょっと待ってください。 抗議しても、ひぐらしとスクイズの最終回は、もう放送されない確率が高いのです。 何が言いたいかと言うと、一度決まった過去は変えられないのです。 それでも、満足できないって人はいると思います。 私だって同じですよ。 私はひぐらしの放送中止を昨日知りました。 その時私は、「マジかよ!?」って思いましたからね。 まぁ、とある報道番組の所為で、ひぐらしが放送を自粛したのですからね。 でもですね、「マスコミ死ね!」とか父親殺害した少女に「アニメを中断させた責任とって死ね!」だとかは、あまり言ってはいけないことだと思うんですよ。 まぁ、確かに、それで放送中止になってしまったのですから、俺だってマスコミと少女に怒りはあります。 これでもかってくらい、憎んでますよ。 でもね、人は時として冷静にならなければ、物事を適切に判断できないものですよ。 よく考えてみてください、抗議した後でもいいのですが、これ以上、俺達に出来ることは何もないかと思われます。 ですが、それでも俺達にたった一つだけできることがあるのです。 それは『待つ』っと言うことです。 過去が変えられない以上、未来を変えるしかないではないですか。 うーん・・・。そろそろ文だけでは飽きてくるのでBGMを聞きながらやりましょうか。
 
 以降は、これを聞きながらでも、文章を見てください。それとBGMは煉獄庭園様からお借りしました。煉獄庭園様サイト→煉獄庭園 有難う御座います。 しばらくは、このBGMで良いですね。 次のBGMもありますから聞き終わっても安心してくださいね。
 さて、話を戻しますと、私達にとって、アニメが放送中止になるというのは、死に等しいことだといえます。 ですが、放送する関係者の立場にもなってみてください。 もし、このまま放送すれば、私達みたいな、事件に関係のない第三者、オタクたちは満足ですが、もしこれを、たまたま遺族とかが見ていた場合如何でしょうか? 放送したTV局に抗議をし、裁判沙汰になり、遺族側が勝訴した場合、二度とひぐらしが見れなくなる可能性だって否定できないのです。 それでも良いのですか? もし二期が良作だったとしても、二度とTV化はされないのですよ? そうなってしまっても良いんですか? 俺だったら、もし二期が良作で、三期をやって欲しいのに裁判で二度と放送できなくなってしまった・・・。 こうなればがっかりです。 人間一時の感情に任せると、その時はいいですが、後で後悔する羽目になります。 まぁ、自分でリミットを掛けられる人ならば、抗議しても俺は止めはしません。 寧ろ俺もその人共に抗議します。 で、ひぐらしの皆殺し編で、圭一は如何しましたか? 仲間に相談して、皆で沙都子を救うために立ち上がったでしょう?そこが大事なのです。 もし、感情を抑えられない人でも、仲間がいれば、「それはやりすぎだ!」と仲間が止めてくれます。 そりゃまぁ確かに、俺達の至福の時間です。ひぐらしの今日の話は、皆殺し編の完結で、いいところでした。 俺だって気になっていますよ。 ですが、あまり騒ぎ立てると、折角放送できるかもしれなかった今回の話が二度と放送できなくなってしまう見通しだって立ってしまうのです。 それだけは是非とも避けたいでしょう? もしかしたら、騒ぎが収まった頃には放送してくれるかもしれませんよ? その可能性をもぶち破ろうと皆さんはしている可能性だってあるのですよ? これを見ている皆さんが何人いるかは分かりませんが、見ているひとで、抗議をしようとしている人は、そこらへんも考えた上で抗議してください。 感情のリミットをぜひよろしくお願いします。
 そろそろBGMも終わった頃かな? では、次の曲を・・・。 次は四曲出しますので、そのどれか好きなBGMを流しながらでも聞いてください。
 

 

 

 

 1番上は煉獄庭園様、2~4番目はTAM Music Factory様からお借りしました。 TAM Music Factry様サイト→TAM Music Factory 有難う御座います。

では、続いて私の意見でも・・・。 私も、最初は「ふざけるな!」っと思いました。 何せ、放送中止ですからね。 困ったものですよ。 私だって怒ったので抗議の文でも送ろうかなとも考えていました。 ですが、私はそうはしませんでした。 何故か・・・。 私の心の中で何かが引っ掛かっていたのです。 それが何かというのは自分でも分かりません。 ですがー・・・。 抗議文を送ることに抵抗を感じてました。 その時、私は思いついたのです。 私「抗議文を送るよりも、私が今、やれることをしよう。」っと。 それは、私にとっては、『ただ、何もせずに、騒ぎが収まるのを待つ。』でした。 人が待つことがいかに難しいかは分かっています。 でも、それに耐えてこそ、アニメを見ることに繋がるのではないでしょうか? でも、人間は個人差があるので、「俺は待てない!」だとか「無意味だ!」っと思う人もいるかもしれません。 中には、抗議文をもう送った人もいるかもしれません。 ですが、抗議文を送った後は一体何をするつもりですか? 今の私達には何も出来ません。 出来ることは、『待つ』ことだけなのです。 待てない人も同様です。 感情的に突っ走って、抗議の書き込みをしても、何にもならないということです。 同士は集まるかもしれませんが・・・。 それでTV局側には伝わりますか? マスコミや少女に「死ね!」っと抗議しても、私達の力では何にもなりません。 BPOに頼るしか手はないのです。 ですが、先程も申したとおり、BPOに異議を申し立て抗議しても、その後はBPOにしか頼れません。 私達は、待つことしか出来なくなるのです。 つまりはストレートに行っても、遠回りして抗議しても、最後は待つことしか選択肢は残されていません。 待つことも抗議のうちの一つです。 感情的にならずに、冷静になって、物事を考えてください。 ですが、全てに熱くなるなとは申しません。 私だってこうは言っていますが、心の奥底では怒っていますよ。 今でも、熱くなって抗議したいところです。 ですが、私はこうやって待っています。 ほら、日本の諺にもあるでしょう? 石の上にも三年って。 仮令(たとえ)辛くても、耐えていれば、やがて報われる。  今は、耐えるときなのです。 耐えていれば耐えているだけ、後の報いは大きいものです。 待つことが耐えることならば、それが当てはまるでしょう。 人は感情的になると何をしでかすか分かりません。 このことが原因で犯罪起こして逮捕されないように、『待つ』ことに『耐え』なければいけません。 そうしてこそ、後の報いを受けたほうが、犯罪も起こさず、逮捕もされずに物事を穏便に済ませることが出来ます。  ですが、それでも熱くなり、抗議したいという人はどうぞ、抗議してください。 ですが、そのときは加減をしてくださいね。 私は熱くなること自体は否定はしません。 同じ思いをしているのは私だけではないのですからね。 熱くなるのも、決して悪いことではないし、恥ずかしいことでもありません。 熱くなるのも、個人の自由なので、私にはそれを止める権限はありません。 ですが、私でよければ、抗議に手伝います。 まぁ、公序良俗に反しない程度で、ですが。 実際は、私も抗議したいのです。 ですが、抗議しようとはしなかった。 だから、私は手伝うだけにしたいと思います。 そこにお手伝いとして抗議を共に書き込んであげます。 その代わり、書き込み場所はちゃんと晒してくださいね? TV局の関係者もいろいろと大変なようですが、これからは出来るだけ、放送中止にしないでいただきたいものですね。 全てのイベントや行事には表がある。 だが、その裏で動いている人もいる。 光と影。 表があれば裏がある。 今、誰かが動いているかもしれません。 何とかアニメを放送しようと、誰かが今この瞬間にも動いているかもしれません。 今はそれを信じて待つのみです。  ・・・以上、私なりに思ったことを意見として書いてみました。

 さて、最後となりましたBGM。 これが最後の一曲です。

 
 BGMは煉獄庭園様からお借りしました。 有難う御座います。
 以上、BGMは煉獄庭園様、TAM Music Factory様からお借りしました。 有難う御座いました。

 長々と書いてしまいましたが、私が言いたいのは『待つ』ということだけです。 自分のできる限りの方法をやっても、最終的には待つことしか出来なくなるのですから・・・。 では、最後のBGMをお聞きながらさよならです。 これ以上、深夜アニメは放送中止になって欲しくないものですね。 それでは、また明日。 see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪ 

人気blogランキングよろしければクリックしてください。
目指せ!上位浮上!
こちらをクリックしてください→
人気blogランキングへそれだけで投票はOKになります。後は閉じるなり、他のブログサイト行くなりどうぞご自由に。 迷える俺に魂の救済を!!!清き一票、よろしくお願いします。

|

« ながされて藍蘭島 第25話 「鍛えて、へなちょこ」 | トップページ | 昨日の補足説明 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。自分はひぐらしファンです。確かに耐えるべき戦いもあると思います。しかし、今回はそれでいいのでしょうか?これからも様々な表現のおもしろいアニメが出ると思います。それなのに、少しでも何かの事件と似ているとこがあると放送自粛。そんなことを肯定した前例をここでつくってしまってよいのでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=OTie5DfE4FI
見ましたか?ひぐらしで作者が本当に伝えたいことをうやむやにして、ただの残虐アニメのように扱っています。ここでは報道人が中身をあまり知らずに誤解を招いたまま報道するということがされています。これは報道人としての責任を問う問題であり、これからのアニメ業界のために必要な抗議だと自分は認識しています。

投稿: kkk | 2007年9月22日 (土) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/270557/8048532

この記事へのトラックバック一覧です: タイトル?そんなもの知らん(←おい!):

« ながされて藍蘭島 第25話 「鍛えて、へなちょこ」 | トップページ | 昨日の補足説明 »