« 2007年4月1日 - 2007年4月7日 | トップページ | 2007年4月15日 - 2007年4月21日 »

2007年4月8日 - 2007年4月14日

赤ずきん最終回

おとぎ銃士赤ずきん キャラクターミニアルバム 第3巻~三銃士&グレーテル~

アーティスト:TVサントラ,田村ゆかり,立野香菜子,沢城みゆき,矢作紗友里,檜山修之
販売元:コナミ
発売日:2007/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

学校が始まり、中々更新できなくなってしまうので、今日は一日遅れですが、赤ずきんの最終回の感想を書きたいと思います。

サンドリヨンとの最終決戦を終え、草太は父親と母親がいる、ごく平凡な少年、そして、普通の学生に戻った。 学校にのシーンでグレーテルがいた。何とも不思議だ。グレーテルとヘンゼル、その他にも赤ずきん一行はエルデの世界に残っていた。 グレーテルとの下校途中、グレーテルが「赤ずきんから聞いていないの?」と言う、不可解な発言をする・・・。その後、帰ってきたりんご達は、居候の分際でりんご達に隠し事をしているのを気に入らないようで、今日こそは白状してもらうと言っていた。 帰ってきた白雪といばらにりんごは白状しろと言うが、白雪たちは何と言おうとしているか、迷っているときに、赤ずきんが、「ドレミピザ」云々と言って入ってきた。赤ずきんは「あれ?何でここに草太たちが居るの?」っと、言う問いに対し、草太は「何でって・・・ここは僕のうちだよ。」っと答える。それに対し赤ずきんが「だって、ここは4丁目の鈴木さんの家・・・・・・・・・・・じゃなくて・・・。」ヴァル「鈴風さんのお宅ですね・・・。」と・・・・・・・・な雰囲気になる。その後のシーンで、ついに白状した。 それはいつも草太達にお世話になってばかりいるから、アルバイトをして温泉旅行に行こう。っと言うことだった。だが、赤ずきん達が頑張っても、温泉旅行には到底行けない。そこで、商店街の福引に三銃士が挑戦・・・。・・・勢いは良かったが、当てたのはポケットティッシュだった・・・・。そこに白雪が、コスプレコンテストで優勝した時にもらった物に気付く。それは何と、温泉宿泊招待券だった。 そして、無事、赤ずきん一行は温泉に行く事ができた。 そこの温泉には、ヘンゼルとグレーテルも来ていた。温泉に入った後に赤ずきんは射的をしていた。グレーテルは上手かったが、赤ずきんは全く当たらない。・・・どうやら、剣術は赤ずきん、銃の腕ではグレーテルが上だったようだ。 そこに、何も知らないランダージョが戦おうとしていたが、赤ずきんたちは、ランダージョに優しく、もう戦わなくて良いっと話す。ランダージョは感動して、皆と共に、温泉を満喫していた。その後のシーンではハーメルンと草太の両親との会話があった後、前半終了。
続いて後半・・・赤ずきん一行は、夜の温泉に入っていた。以降赤ずきんが良い事言っていたので、抜粋。赤ずきん「草太、そっちからも星、見える?」草太「うん、見えるよ。綺麗な星だねぇ。」赤ずきん「・・・不思議だよね。お互いの顔は見えないのに、同じ物が見えてるなんて・・・。・・・この星空が、今草太やりんごと一緒に見てるんだね。」・・・・・。(。´Д⊂)うぅ・・・。 ごめん、ちょっと涙が出てきそうです。この後のシーン、草太達には用事があるなどとか言い、皆、散っていく。 その後皆は、公園に集まり、話し合いをしていた。
・・・。草太達に、別れを言わなくて良いのかと・・・。赤ずきんは口ごもる。
この後悲しいシーン連続なので、しばらく台詞抜粋。 草太「赤ずきん達は、もう学校には来ないよ。」りんご「何で?だってもうバイトはしなくても・・・・。」草太「ここにも・・・もう帰ってこないよ。」りんご「それ・・・どういうこと?」草太「赤ずきんたち、ファンダヴェーレの人たちは・・・何時までもこの世界に居てはいけないんだよ。きっとそうなんでしょ?・・・お母さん。」草太の母「気付いてたのね。草太・・・」りんご「何よそれ?赤ずきんたち、ファンダヴェーレに帰っちゃうって事?」草太「うん。だから最後に、皆で楽しい思い出を作ろうとして・・・。」りんご「そんな・・・。これきりなの?・・・もうお別れなの?」草太「仕方ないよ。人の心が十分に育まれるまで、二つの世界は交わってはいけないんだ。」りんご「だからって・・・何も言わずにいっちゃうなんて・・・。」草太「多分、赤ずきん達は悲しい顔を見たくなかったんだと思う・・・。」シーン変わる。赤ずきん「だってほら、悲しいお別れとかあたしそういうの苦手だし、最後にすごく良い思い出作れたし・・・。」白雪「私も今、草太さんに逢えば、決心が鈍ってしまいますわ。」ヴァル「草太たちはどうなる?何も知らずにお前達が帰ってしまったら・・・。」いばら「草太は・・・恐らく気付いている。」ヴァル「だからと言ってだな・・・。」白雪「それでも草太さんは、敢えて何も言わないでいてくれたのですわ。」赤ずきん「草太も悲しいお別れはしたくないんだよ。それで良かったんだよ。」再びシーン変更。りんご「草太の嘘つき!(りんご泣き始める)」草太「りんご・・・。」草太母「りんごちゃん・・・・。」りんご「何よそれ!何分かり合っちゃってんのよ!そんなに分かり合ってるくせに・・・。私が悔しいと思うくらい心が通じてて・・・それなのに・・・それなのに・・・本当に草太はこれきりで良い何て思ってんの?」草太、首を横に振る。りんご「だったら・・・。」再々シーン変更。赤ずきん「(涙を流しながら)これきりで良いなんて・・・思ってない。・・・思ってないよ。だけど・・・。」 その後、赤ずきんの回想シーンが入る。 赤ずきん「言えないよ!あたし・・・・・・」草太「赤ずきん!」赤ずきん「!?・・・草太!」白雪「草太さーん!」いばら「草太!」赤ずきん「帰りたくない。帰りたくない!!」草太「赤ずきん・・・。」赤ずきん「本当はずっと、ずっとずっと、草太達と一緒にいたいよ!」白雪「私もですわー。草太さんと離れ離れになるのなんか、嫌ですわ。りんごさんと、ずっと口げんかしていたいですわー。」りんご「そうだぞ!あんたとはまだ決着付いてないんだぞ!」三銃士、りんご泣いている。
その時いばらがドサクサに紛れ草太頬にキスをした。いばら曰く「エルフの正式な挨拶・・・。」 それに対し、反感を食らっていた。そんなの初耳。っと・・・。
シーンが変わり、夕方を背景に、草太と三銃士たちの会話・・・。赤ずきん「ごめんね。あのね、二つの世界はね・・・交わっちゃ駄目なの。だからあたし達はね・・・。」草太「分かってる。分かってるよ。」赤ずきん「でもね、どうしても草太に、さよならは言いたくなかったの。」草太「さよならなんか、言う必要ないよ。」赤ずきん「草太?」白雪「草太さん・・・」いばら「草太?」草太「だってそうじゃないか。二つの世界は、今は交わってはいないけれど・・・それは永遠じゃない。」背景音楽が流れながら、赤ずきん「うん、そうだね。」 ここで草太と赤ずきんは抱き合う。 そしてEFテロップが表示されながら、その後の皆の生活模様が描かれていた。 ED途中で草太のナレーション「いつか、人の心が育まれた時、二つの世界は、一つになる日が来る。そして、いつか必ず、僕達は、また会える。」
そしてその後の動画・・・赤ずきん、草太は空を見ていた。そう、世界は違えど同じ空を・・・。何時までも、何時までも・・・・・・。
・・・・・・・・・・。:゚(。ノω\。)゚・。(感激) 。・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん ・・・「だ・か・ら!何で!最近のアニメは!俺を泣かせるものばかりなんだーーーーーーーーー!!!」
叫ばずにはいられません。何と良い最終回・・・・。言葉がありません。単なる、萌え&ギャグアニメだと思っていたらこれだもんなー・・・。泣かせる時には泣かせるよなー。おとぎ銃士赤ずきんは・・・。中々良い最終回だったから思わずこんなに長くなってしまった。本来ならば抜粋しなかったはずの台詞を全て抜粋・・・って言うか、全て書いちゃいました。しかし草太がそれは永遠じゃないとか言った時には、「ああ、確かに。別れるのが辛い、悲しい人間なんて居ない。だが、何時かはまた会えると、そして、時間がそれを叶えてくれると信じれば、永遠の別れじゃない。信じるものにはそれが叶う。そういうもんじゃないのかな・・・。」っと思いました。・・・これ・・・格好良すぎました?おっとイカンイカンついいつもの癖が・・・俺こういうの見ると、自然とこういうの浮かんで来るんだよなー・・・。何でだろう・・・。まぁ良いか・・・。取り敢えず、赤ずきん最終回になるのは悲しかったけど、それなりな終わり方だったので、良かったのではないでしょうか・・・。
っとおとぎ銃士赤ずきん最終回の感想でした。 ってか感想なのに殆んどネタバレって・・・・まぁ、良いか、最終回だしな。
以上おとぎ銃士赤ずきんでした。

ふぅ~。疲れた。赤ずきんだけにこんな膨大な量を・・・・・。俺のパワー恐るべし!これ以上長くはなりたくないし、俺も書く気力もう尽きたので今日はこれくらいで。
ε(*'-')з†.。*・☆Good Night☆・*。.†ε('-'*)з see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

人気blogランキングよろしければクリックしてください。
目指せ!上位浮上!
こちらをクリックしてください→
http://blog.with2.net/link.php?446720
それだけで投票はOKになります。後は閉じるなり、他のブログサイト行くなりどうぞご自由に。 迷える俺に魂の救済を!!!清き一票、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D-グレイマン 他

D.Gray-man 03 D.Gray-man 03

販売元:アニプレックス
発売日:2007/04/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

HOME(初回限定盤)(DVD付) HOME(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:Mr.Children
販売元:トイズファクトリー
発売日:2007/03/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

えっと、今日はBLEACHがゴルフで潰れてしまったので、D-グレイマンから書きたいと思います。・・・・・・・あああああああああああ!!!何でBLEACHがゴルフで潰れんじゃ( ゚д゚)ヴォケ!!・・・・・・・・・・・・・・・まぁ、しょうがない。取り敢えず、行きますか。因みに、今日は、簡潔に感想を書いていきます。何せ、昨日はあんな膨大な量を書いてしまったので・・・。今日は控えめです。

今日のD-グレイマンは、吸血鬼の話完結でした。・・・やっと完結か・・・長かったな・・・。今日は、悪魔の女性と男爵の対決でした。何だかんだあったけど、結局彼は、悪魔の血を吸って、その悪魔を壊しました。彼女を壊してしまったことに、彼自身は落ち込むが、アレンがエクソシストになり、悪魔を壊し続ければ良い。っと言い、彼はエクソシストになる事を決意する。アレンとその連れを外で待たせ、彼は城を爆発させてから出てきた。・・・さすがのアレンもあれを見たら、男爵が死んだと思うわな・・・。男爵は、エクソシストになる為に、アレン達と旅立つところでEDへ。
先ず、今日で完結して良かった。来週は、世間知らずな男爵がエクソシスト本部で一体どんなハチャメチャな事をしてくれるのか、すごい楽しみです。さて、来週はどうなることやら・・・。・・・そんな事を思いました。

次に牙ですね。今日の話では、前回微妙なところで終わった、敵との戦闘・・・。キースピリットを持っていた、敵は、やはりゼットが予想していた通り、友達の、ノアだった・・・。
ノアは救世主としていた時もあったが、その国がタスクにより、滅ぼされたことにより、孤独を味わった。その孤独の中でノアは、自分は力が欲しい。などと思って、キースピリットを集める事を決意した・・・。ノア・・・・お前、変わったな・・・。フ~ム、ゼットはそんなノアに話をしようと画策したが、結局駄目だった・・・。ゼットはキースピリットを奪われ、どうしたら良いのかが分からない。そんな中、タスクがキースピリットを全て集め、タスカーを復活させてしまった。そして、タスクにいた姫が覚醒したところで、今日の話が終わる・・・。
まぁ、何と言うか・・・。タスカーを復活させてしまうと、かなりヤバめ・・・。それにゼットと裏切ったもう一人のタスク幹部がどう立ち向かうのか・・・。それが見所だろうなぁ・・・。ゼットの行動で、世界が救われるか、支配されるかが決まる・・・。何とも、ゼットが哀れだ・・・。しかし、これはゼットの決めたことだからなぁ・・・。俺達にはどうすることもできないっと言う奴か・・・。そんな事思った総司令でした。

そして、次がっと・・・。仮面ライダー電王ですか・・・。これは・・・。今日はいつもとは違い、微妙に無理やりな部分があったな・・・。まぁ、特オタ野郎によれば、今日の脚本はメインライターではない人が書いたということだから、まぁ、仕方が無いといえば、仕方が無いですが・・・。それなりに、面白かったし、それで良しとしよう。
以上電王でした。

続いて、鬼太郎ですね。今日の妖怪は、はじゃどくろとか言う骨の妖怪でした。人間は本当に懲りないですよねー。祟りだのを信じないから、駄目なんだよー。自分で体験しないと、そう言う事信じないんですかねー。全く・・・・・。まぁ、今日の話は、人間が祠を壊し、そこに会社を建ててしまったのが運のつきでした。はじゃどくろは怒って、その会社の人間の生気を食らい尽くしていた。はじゃどくろ曰く、自分の腹の中にあるんだから、腹の中の食べ物を食っているだけだとか・・・。元々人間が悪いんだけど、何?そのはじゃどくろの勝手な解釈は・・・・。まぁ、怒こる気持ちは分からないでもないけど・・・。鬼太郎は、無事はじゃどくろを倒し、そこの会社の社長はこれに懲りて、会社を改築し、慰霊碑を立てた。
まぁ、それで一件落着だな・・・。本当、祟りだの妖怪だの・・・。そういうものに手を出してはいけませんね。・・・そんな事を思った鬼太郎でした。

今日はBLEACH無いので、愚痴話コーナーでもやりたいと思います。・・・長くなりそうなので、できるだけ、短めに出来るよう頑張ってみます。今日は何故か2回電話が掛かって来ました。13時と17時に・・・。・・・・・・プルプルプルプル・・・・・・。・・・待て待て俺!怒りを抑えるんだ!頑張ってあいつとの死闘を書こうではないか!!!
えっと先ずは一回目の13時の電話ですね。通話時間約51分・・・・・・・・。まぁ、待て俺!まだ抑えていろ!まだだ!まだ始まったばかりではないか。
えっと一回目の電話は、こっちは多忙だったのでできるだけ短めにお願いと最初に言ってたんですが・・・・。話したらこのざまです・・・・・。・・・・・・・・俺、もう怒ってもいいかな?いいよね?もう・・・・・限界なんだけど・・・・・・・・・。・・・・・・一つ言わせてもらうぞ・・・。
てめぇ!あれ程こっちは多忙だといったじゃねーか!!!!なのに、何で、51分も話してんだよ!!!( ゚д゚)ヴォケ!! やっぱりお前は人の迷惑を考えない、最悪の人間だな!!!( ゜_ゝ゜)バカが!!!
・・・まぁ、これ以上言いません。続いて二回目の電話が17時のほうですね。これの通話時間が約46分・・・・・・・・・・。・・・・・・・・おい、てめぇ・・・・・・・ふざけてんのか?俺はあれ程忙しいと言っているだろうが!!!てめぇは人の気持ちを無視してそんなに楽しいの?お前、何で俺と話していないとつまらないんだ?俺からハッキリと言わせてもらうぞ。こっちとしてはなすげー迷惑なんだよ!!!それに、お前がつまらないだろうがなんだか知らないがな、その寂しさを俺で解消すんじゃねーよ!!!お前は解消するかもしれねーがな、こっちは逆にストレス溜まんだよ!( ゚д゚)ヴォケ!! そんな他愛も無い会話をする為に、付き合ってねーんだよ( ゚д゚)ヴォケ!!が!!!あのさもう俺に電話掛けないでくれる?そうすれば、大事な連絡の時だけ、俺に電話してくる訳だから、そうすれば俺も着拒否しないで済むし、それに、こっちは迷惑にならないからさ。是非、そうしてくれないかな?お前がつまらないだろが俺の問題じゃねーんだ!そんなの俺には知ったこっちゃねーよ( ゚д゚)ヴォケ!!少しは人の事考えろ( ゜_ゝ゜)バカ
が!!!
・・・・・・日頃の鬱憤が治まりそうにありませんので、今日はこの辺にしておかないとまた長くなるかもしれないのでやめておきます。・・・・・ああ、まだ言い足りねぇ・・・・・。
奴は成績は良いのですが、それ以外となると奴は、脳すら持っていない、ただの機械ですね。ここまで来るとさすがに手の施しようがありません。奴は一度精神病院通っていたことがあるらしいのですが、もう直ったっと言っております。はあ?お前の今の状態を見る限り、まだ直ってないと思うがな。もう一度精神病院に通ったら?お前にはそれがお似合いだ!
はてさて、今日は短めにしておかないと、昨日の事もありますので、今日はこの辺で。
see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪ ε(*'-')з†.。*・☆Good Night☆・*。.†ε('-'*)з

人気blogランキングよろしければクリックしてください。
目指せ!上位浮上!
こちらをクリックしてください→
http://blog.with2.net/link.php?446720
それだけで投票はOKになります。後は閉じるなり、他のブログサイト行くなりどうぞご自由に。 迷える俺に魂の救済を!!!清き一票、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月1日 - 2007年4月7日 | トップページ | 2007年4月15日 - 2007年4月21日 »