« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »

2007年5月13日 - 2007年5月19日

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」

DARKER THAN BLACK ―黒の契約者―
配信元:バンダイチャンネル
提供:@niftyコンテンツ

皆さん、こんばんは~。総司令です。
相変わらず、この日の更新は何があっても絶対に忘れません。
ガッハハハ、この更新の為ならば、例えそれがテスト前であっても勉強よりも優先するのだー!!!! ・・・因みに俺は来週の火曜日から中間テストがあります。(←おいおい、テス勉しないでこんなん書いていていいのか?)
ま、どちらにせよ学年20位以内に入れば俺はそれで良いので、大丈夫でしょう。(何処が大丈夫だよ!)
ああ・・・テストの1日目から俺の嫌いな数学だよ・・・・・。何てーか理解してるのは理解しているんだけど・・・・、テストになったら公式とか忘れそう・・・・。よくありません?テストが始まると忘れる事。「ああ~。ここどうやんだっけか~・・・。覚えてきたのになぁ~・・・。」ってなりますよね?普通・・・・。え?ならない?・・・プレッシャーに弱いのかなぁ・・・俺・・・・。でもなんか、テストだけなんだよな。直前で忘れるーみたいなことは・・・・。でも、実質・・・・1年の時点では全教科平均80以上取ってるし・・・。何なんだこれ・・・。まぁ、良いか。・・・数学は公式とか覚えていても、計算が面倒臭いんだよなぁ~・・・。ちょっと計算ミスると、答えも違くなって、答えの1つ違いではねられたりするのは、悔しいんだよなぁ・・・。ああ、答えが既に定まっているのは嫌いだ。答えは一つよりも、一杯あったほうがいいわ・・・。やっぱり俺国語のほうが好きだわ・・・。そういう国語も、数学の次にあるわけだが・・・。まぁ、良いよ現文は。楽だし、俺漢字得意だし、好きだし、80取れそうな気がするし。ま、数学以外の教科に期待と言ったところだろう・・・。
さて、前置きが長くなったようだが、本題へと移ろう・・・。そう、魔法少女リリカルなのはStrikerSだ。今日は7話「ホテル。アグスタ」。さーて今宵はどんな展開になるのかな・・・・・・?・・・えっとまぁ、今回からは台詞自重していきます。

おっと開始早々ティアナの台詞か・・・・。って今日はティアナだけなのね・・・・。冒頭で聞く限り、ティアナはどうやらコンプレックスを抱いているようだな・・・・。皆、天才と歴戦の勇者ばっかりだとか、才能のある奴ばかりだとか、毎日の訓練で強くなっている実感がないだとか、平凡なのは自分だけだとか・・・・・。はぁ・・・。ティアナは自分が今ここにいることに疑問を感じている訳だ・・・・・。あの人?あの人ってなのは?はやて?多分なのはなんだろうけど・・・・・。取り敢えず、続き続き。・・・あの人は何故自分を部下に選んだのか・・・。部下って事はやっぱりなのは?ああ、でも部隊長としてのはやてだってティアナの部下にはなるんだよな・・・・。まぁ、どっちだろうとあんま関係は無いな。俺はあの人=なのはと言う解釈で行く。ティアナの疑問辺りの絵もなのはだったしな。っとOPか・・・。
・・・・・・・・・・・・OP終わったな。本編入っていきなりヘリで移動中か。ってか何気になんで全員で乗ってんだ?とか思っていたら、オークション会場の警護か・・・・・・。警護・・・警護・・・警護?何で機動六課がオークション会場の警護なんてすんだ?意味分からんわ。・・・ヘリではやてが何やら説明をしているな・・・・・・・・。っておい!?ジェイル・スカリエッティーの作画酷過ぎ。目が死でっぞおい!・・・えっと何々・・・骨董美術品オークションの会場警備と人員警護か・・・・。成る程なリインの説明で大体は納得がいった。リイン「取引許可の出ているロスト・ロギアが幾つも出品されるので、その反応をレリックと誤認したレリックが出てきちゃう可能性が高い。との事で私達が警備に呼ばれたですぅ~。」との事・・・。ってか説明中にスバルが獣姿のザフィーラの頭を撫でていた・・・・。・・・・おい、スバル・・・仮にも・・・ってかザフィーラは先輩だぞ!?いくらあれでも先輩の頭を撫でるのはどうかと思うぞ・・・・・。頭撫でるなよな・・・・・。犬の扱い酷過ぎだ。それが気になっていたお陰で次のフェイトの台詞を何回聞き直したことか・・・・・。ほぉ。現場には昨夜からシグナムとヴィータが張っているのか・・・・・。頼もしいな。一通りの説明が終わったところで、キャロがずっと気になっていたことをシャマルに質問。ってかシャマル先生・・・・・・・。そうか・・・そうだよな・・・。一応医務官なんだもんな・・・。っとキャロが気になっていたことだが、シャマルの下にある、箱が気になっていたらしい・・・。シャマルがそれに対し、笑みを浮かべ、「隊長達のお仕事着。」だって・・・・。お仕事着?そんなもんいるのか?と思いつつ、タイトルロゴ。ホテル・アグスタ結構広いんだな。ま、機動六課警護任務に当たるんだから当然と言えば当然だけどな。受付場面・・・・。はやてが受付に自分のIDを見せる。その時の受付驚く。はやてが「こんにちは。機動六課です。」と受付に挨拶。・・・・なんという威圧感www・・・すげーな機動六課・・・・。ってかトランクの中身がパーティドレスって一体・・・・。これは所謂あれですか?極秘の会場警護と言う訳ですか?正体がばれないように警護するんですかい?ってかこれ見て思う。制作側の意図が分かるよこれ。・・・お前らなのは達にパーティドレス着せたいだけだろ!・・・もう魂胆見え見え。ちょっとパーティドレスの作画頑張りすぎだよ、制作側。それよりも作画崩壊の方を何とかしてくれよ。次シーンはやて「会場内の警備はさすがに厳重っと・・・。」当たり前的に厳重じゃなきゃ駄目だろ常識的に考えて・・・・・。警備手薄だったらロスト・ロギアが簡単に盗まれるわ。一般的なトラブルには対応できないとホテルとしてもマズイだろうしね・・・・。しかし、この二人の会話の間中作画が気になっていてあんまり会話に集中できなかった・・・・。何回も台詞を聞き直すのこれで2回目・・・・wwwww。いやー、マジで無理だった・・・・。「誰だ?こいつ?」とかずっと思ってたしな。何かだんだん、『何時もの事だ・・・』ですまされなくなって来ているような気がする・・・・・。寧ろトラブルはもう出ているじゃん。作画がもうトラブルですwwww。なのは「油断は出来ないけど少し安心。」・・・ふーん。油断は禁物ですよなのはさん。はやて「ま、どっちにしても私たちの出番は、ほんまの非常事態だけや。」だから作画がもう非常事態だって何回言えば分かるんだ?修正求む!・・・次シーン。フェイトがバルディッシュに「オークション開始時間まで、後どれ位?」バル「Three hours and twenty seven minutes.(3時間27分です。)」・・・バルディッシュ時計代わりですか?フェイト。時間位自分で確認したらええがな・・・・。人・・・もといデバイスに頼りすぎるのも良くないかと・・・・。お?ユーノ来た。何気小野大輔の声も聞こえる。あ、ユーノの出番終わった。みじけぇ・・・。ユーノの出番6秒・・・。空しいな、ユーノ・・・。次シーンでスバルがヴォルケンの全員集合を呟いていた。ほぉ~。今日はヴォルケン全員集合なんだね。八神家の説明をスバルがティアナにしておりました。リインまでが揃うと無敵なんだな・・・・。成る程ねぇ~・・・。はやてたちの能力は特秘事項なのね・・・・。一通り聞いたティアナが「六課の戦力は無敵を通り越して明らかに異常だ。」とか言っていたが・・・正にその通りだよ。その通りだけどさティアナ、あんた今頃気付いたか?隊長格全員がオーバーS、副隊長でもニアSランク、そして、他の隊員たちも前線から管制官も未来のエリート達ばっかりだもんな。しかし、他の隊員達は普通だな。異常なのは隊長格三人とヴォルケンリッターとかだけだしな。凡人はティアナだけか・・・・・・。彼女は立ち止まる訳には行かないといってる点については、前向きで良いと思うな。敵と思われる2人(1人は子供)の会話か・・・。ルーテシア「ドクターの玩具が近づいてきている・・・。」シャマルのデバイスのセンサーにも反応あり。お?サーチャーがガジェットを捉えたな。それにしてもⅠ型35以上は多すぎかと・・・。Ⅱ型でも4ぐらいはいるんだろ?数はいるな。量の面では六課は不利だな。おっとシグナムがエリオとキャロに指示を出したな。ってちょ!?おい!?ザフィーラ喋れるの今知ったのかこの二人は・・・。しかし、ザフィーラがやっと喋ったか・・・・。出番少ないうえに喋りも少ないとは・・・酷だなザフィーラよ・・・。ってえええええええええええええええええええ!!!!現場指揮シャマルー!?ちょっと待てやゴルァヽ(`д´ ヽ)!!!医務官に現場指揮を任せて良いのかよ!?普通前線指揮はグリフィス辺りがやるべきではないのか?何で医務官なんかに現場を任せるんだよ!指揮系統メチャクチャじゃん・・・。確かにシャマルは参謀だけどさー。普通参謀に全指揮任せるかよ。参謀なら指揮官を助ける的な存在じゃないのか?何かがおかしいぞこれ・・・。ティアナはティアナらしく、現状を見たいとシャマルに言う。シャマルはデバイスに何か言っていた。おっとととっとととと!?変身シーン来たwwwwww。ってこんな作画が酷い話で変身って・・・・(。´Д⊂) しかも、何気に変身シーン短縮しすぎだろ。メインヒロインよりも短かったな。シャマルのこんな短いシーンで俺が何時も愚痴を言っている奴は発狂したらしいです。奴は病的なシャマル萌えだからしゃーない。もう、あいつには手が付けられない。あいつ終わったな。っとシャマルの次はヴィータとシグナムかよ!?って言うか、この二人のデバイスロックされてんのな。機動承認しないと発動しないデバイスって・・・・・・。ヴィータ「グラーフ、アイゼン!」シグナム「レヴァインティン!」グラ&レヴ「Anfang.」相変わらずシグナム胸あるねーって、変身はやっ!?もう甲冑着てるし。なんだシグナムのあの速さは・・・・。う~む・・・。さすが騎士だ・・・。侮れんな・・・。何気にレヴァンティンかっけええな。お次はヴィータ。脱いだー!ヴィータの尻が堂々と描写されている・・・。それでもまぁ、短いな。帽子被ったー。二人は高速で空に出たー。「新人たちの防衛ラインまでは一機たりとも通さねぇ。」とヴィータが言った事に対しシグナムが「お前も、案外過保護だな。」ヴィータ「うるせえよ!」
本当、ヴィータツンデレなうえに過保護だな。シグナムの言ったとおりだ。さーて一方、その頃の隊長達はっと・・・。なのはとフェイトの思念通話か・・・・。オークションの主催者曰く、「客の避難&オークション中止は困るから、開始時間を少し伸ばして様子を見る」らしい。なのはの顔が・・・。なんてーか、なのはに化粧似合わないな・・・。ガジェット勢いありすぎ&突っ込みすぎだろ。・・・会話を聞くと、シグナムが大きいのを、ヴィータは細かいのを潰すらしい・・・。ヴィータの魔法の弾増えたよ。まとめてぶっ潰すらしいな。ちょとまて。AMF貫通したぞおい!長距離系の攻撃は食らわないんじゃなかったのか?いや、待てよ・・・。加速つけばAMFも貫通できるのかな?・・・・・ああ、成る程物理攻撃だと考えればAMF貫通した意味も納得できるが・・・・。おお。シグナム&レヴァンティンやるねー。強いし何気に格好良い。おお、さすが犬。守りは硬いな。ってザフィーラ叫んでますねー。ザフィーラさすが、何気に強い。そして何気に目立ってる。っとザフィーラがガジェット破壊完了したところで前半終了ですか・・・。
続いて後半パートはっと・・・・。前半の続きがちょっと入って、スバル、ティアナの会話・・・。おいスバル!「と、ザーフィーラ」じゃねーよ!ヴォケ!ザフィーラ先輩だろ!呼び捨てにすんじゃねぇよ!ザフィーラさんだろうが!ハハハ、オレンジこの回でも登場か。オレンジ・・・もといキチガイ科学者が面白い骨董があるから、取ってきて欲しいなどと、言ったようだ。だが男は断った。レリックが関わる事は互いに不可侵を守るといったはずだやらなんたら・・・。キチガイ科学者、ルーテシアに頼む。ルーテシア「良いよ」と言う。この科学者ロリコンか?wwwww 子供にそんなこと頼んじゃっていいのかねぇ・・・。ああ、何てーかやっぱりこれFateのライダーじゃね?すげーそう思えてくる・・・・・。キャロのデバイスと共鳴してるぞおい。シャマルのデバイスにも反応か・・・。ルーテシア何か変なもの召還したぞおい。これなんだ?蝿?それとも蚊?わかんねー。ってか何気に羽音がリアルだねー。え?ガジェットの中に入った?お?ガジェットの動きが急に良くなったぞ?機械の動きじゃない・・・・。成る程、あの蝿は有人操作をするための蝿だったんだな・・・。どうやらルーテシアの召還魔法の効果のようだ・・・。ルーテシア何かを唱えた。それにキャロ気付いたな。ってか良く気付くねキャロ。まぁ、同じ召喚士だから当たり前か。キャロ「遠隔召還。来ます!」ほぉ~。ガジェットが次々に召還。Ⅱ型が一体混じってるな。うーん。その後新人の会話+ティアナの心の声。ティアナは努力家ではあるんだけどなぁ・・・・。その努力がマイナス的な方向に行ったりするからなぁ・・・。心配だなこれ・・・・。うわぁリインⅡが一人で飛行してるなんて珍しい。どうやらリインⅡは、召喚士の姿だけでも、見ようとしていた。が、虫の攻撃を受ける。ってかリインの小ささならばれずに行けるんじゃないのか?それまでもがばれるとは・・・。ルーテシア・・・何て強力な召喚士なんだ・・・・・・。シャマルが回避して、新人達と合流するように、リインに指示を出す。リイン断念・・・。ルーテシアがまたなにやら言っていますねー。ん?何か光が飛んでいった。・・・うはー。ティアナの攻撃全部回避されてんじゃん・・・。ティアナ微妙に焦ってるな。敵に攻撃当てられないし、撃ってもAMFで防御されるし。ティアナの場合、火力が足りないんだよな。多分・・・。ティアナは焦って、熱くなると危ないんだよな・・・。ってかここの時点でもうフラグ立ってます。実戦で焦る事は一番危険な事だ。それはちょっとしたミスでも命取りとなり、大変な事を起こしかねないからだ。実戦で思うように行かないのが普通。訓練どおりに行かないのが実戦と言うものだ。果たしてティアナは分かっているのだろうか・・・。その事を・・・。そして、その焦りが仲間をも危険に晒す事を・・・・。おい待てティアナ。クロスファイヤーシュートを撃つのは別に構わん。だが、何故銃を使わないんだ?4発ロードしてるなら、銃普通に使えんじゃねーかよ。ってかティアナ今頃ですか?今頃銃を使うんですか?なら最初から使え。あ。ティアナの撃った弾を敵が回避し、流れ弾となった弾がスバルに直撃しそう・・・。良いところでヴィータ登場。弾を見事に打ち返したな。ヴィータ「ティアナ!この馬鹿!無茶やったうえに味方撃ってどうすんだ!」スバル「あのー・・・ヴィータ副隊長。今のも・・・その・・・コンビネーションのうちで・・・」ヴィータ「ふざけろタコ!直撃コースだよ今のは!」スバル「違うんです。今のは私がいけないんです。よ・・・・」ヴィータ「うるせぇ馬鹿共!もういい・・・。後は私がやる。二人まとめて・・・すっこんでろ!」 うはぁ・・・。やっちゃったよティアナ・・・。だけど今のは誤射でもなんでもないんだけどなぁ・・・。見てみるとガジェットが回避してその当たらなかった弾が真っ直ぐ進んだ延長線上・・・そして直撃コースにスバルがいただけで、ティアナに非はあんまりないんだけど?それに君達は流れ弾と言う言葉を知らないのか?それと流れ弾の訓練はしてないのか?まぁ、流れ弾の訓練はあんましねーだろうけど、教える事は教えるだろう常識的に考えて・・・。戦場で流れ弾が何時自分の所に飛んできてもおかしくない状況で、回避する方法も教わらずに、回避できるかっつーの。教えてもらわなかったとしても、瞬発力の良い奴なら、防御魔法で防御できるはずだけど?・・・・っとちょっと話逸れた。では続きを・・・。次シーンで何かの物音に気付いた警備員が物音のした方へ・・・。異変に気付くが「何だ・・・これ・・・」だって。何が起きたかわかって無いのか?またルーテシアが何か言ってるし。ルーテシア「うん。ガリュー、ミッションクリア。良い子だよ。じゃあ、そのままドクターに届けてあげて。」何!?キチガイ科学者の狙っていたものは密輸品だったのか!?オレンジめ・・・。何処まであくどいんだ・・・・。戦いももう終わりか・・・・。「前線の騎士達が良い戦いをした。」と謎の男は言った。おお、やっとオークション開催か・・・。随分と時間が掛かったもんだ・・・。部隊長は戦闘報告か・・・。お?来たよ小泉・・・マガッレー・・・もといその中の人の小野大輔さん演じる査察官が・・・。ってか査察官の顔微妙・・・・。男はどうでもいいのかねぇ・・・。うはぁ・・・。このマッガレー野郎・・・気安くはやてに触ってるよおい・・・。これは多くのはやてファンを敵に回したな。初回登場から敵作るとは・・・・・・・。さすがは本局査察官だな。因みに俺ははやてファンじゃないから別に構わないけど・・・。あ、そんな事聞いて無い。それはどうもスミマセン。・・・ってかこの査察官の名前アクオス査察官? これ聞いて俺は液晶AQUOSを思い出したぞおい。えー・・・。こいつ液晶画面なのか・・・・。可哀相だな・・・。ふざけあっている事が仕事なんですかい?液晶・・・もといアクオス査察官。お?ユーノがやっと来たよー。ユーノの台詞「あ・・・どうもこんにちは。」・・・ってこれだけで終わりですか!?みじかっ!?しかも何気、なのはとフェイトがヒソヒソ話してる途中で、気付いてなのはが「ユーノ君。」で出番終了だからな。いくらなんでも短すぎだっての。 この時シーン変わるの早いね。ユーノの出番少なくて只でさえ可哀相だというのに・・・・。次シーンでは、ヴィータが全機撃墜。シグナムも同様。ヴィータ「あれ?ティアナは?」に対し、エリオが「裏手の警備に・・・。」キャロ「スバルさんも一緒です。」 その後スバルとティアナの会話シーンがあったが、スバル・・・ここはティアナの言うとおりにしておいたほうが良かったぜ。お前が言った慰めは言わば傷口に刺激物を塗るようなもんだぜ。傷口を広げさせてどうする・・・・。まぁ、それ以前にティアナが自惚れてたのがいけないのかもしれないけどな・・・。自惚れるは自滅及び破滅への道・・・・だからな・・・・。自惚れは結構危険な事だな・・・・・。っとティアナが「私は・・・私は・・・」と言って泣いているシーンでEDへ・・・。
さて・・・。果たしてティアナはこの傷をどう埋めるのだろうか・・・・。仲間達はこのティアナの傷をどう埋めさせてあげるのか、どう支えていくのか・・・。これが見物かな・・・。この傷にティアナが耐えられるかってことなんだよな・・・・・・。要は・・・。それにしても、このティアナの失敗を9話まで引っ張る必要性が全く感じられない・・・。寧ろ8話の一話完結で済む問題じゃねーか・・・・。場合によっては裏切りのフラグも否定できない・・・・。でも、ティアナの場合努力家だし、責任感ありそうだからな。裏切ると言う事は無いかも知れんな・・・。それに次回予告を見る限りでは、ティアナ頑張ってるしな。ってかそれにスバルも協力しているのか・・・・。うーん。良いコンビ愛だな。さーて・・・。このティアナのトラウマになりそうなこの失敗・・・。ティアナはどう成長するか・・・。ティアナの事だ、決して諦めるような人間では無いだろう・・・。そんな事を俺は思った。

さて、今日は何時もの投稿時間より早いです。何故かと言うその理由は、単純にテスト前だからです。テスト勉強するために、今日は早めに書いております。ああ、別にしてない訳じゃないですから。これを書く前はちゃんとしていましたので、ご安心を・・・。なんてーか面倒だなテスト・・・。でも、今の内に稼いでおかないと、後々苦しくなるからな・・・。自分で自分の首を絞めるような真似はしたくないからな。ってな訳なので、テス勉したいので、今日はもうこの辺で・・・。ってかこんな時でも絶対アニメを見る俺って一体・・・・・。ま、大丈夫でしょう・・・。何とかして見せよう・・・・。ああ、ついでに明日の予告・・・・。テス勉集中したいので、アニメの感想類は明日は一切書きません。けど、明日はちょっと方向を変えて別な事を書きたいと思います。実質タイトルはもう決まっているんですよね。題目は「日本語の不思議」です。これを明日のブログのタイトルにします。これは前から気になったこととして書こうかと思っていましたが、中々実行に移せなかったんですよねー。やっと書ける日が来たか・・・。明日は恐らく、当ブログ始まって以来かな?短いと思います。っていうか短くなるように努力します。俺もできるだけ短縮いたします。だから明日のブログは短いと思っていてください。まぁ、その方が良いんでしょうけどね・・・。ついでにもう一つ。今日感想書くのに掛かった時間・・・・。アニメ・夕飯・風呂の時間を抜いた2時間を引いたとして・・・。やっぱ2時間引いても4時間になる・・・・・・。今回は台詞自重したのにな・・・。まぁ、いろいろやりながらだったから、仕方ないか・・・・。おっとまた長くなってしまうな・・・。ってな訳で今日はこれでsee you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪ また明日会えたら会いましょう。・・・期待しないで下さいね。書かない可能性もありますので。・・・では。ε(*'-')з†.。*・☆Good Night☆・*。.†ε('-'*)з

人気blogランキングよろしければクリックしてください。
目指せ!上位浮上!
こちらをクリックしてください→
http://blog.with2.net/link.php?446720
それだけで投票はOKになります。後は閉じるなり、他のブログサイト行くなりどうぞご自由に。 迷える俺に魂の救済を!!!清き一票、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »