« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »

2008年6月15日 - 2008年6月21日

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 10「神虎 輝く 刻」

Music コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode1

アーティスト:ドラマ
販売元:JVCエンタテインメント
発売日:2008/07/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 コンバンワァ(*ノ゚▽゚)ノャァャァ♪ 総司令です。
さて、前回は、天子様を星刻から奪い取るという外道な行動を取ったゼロ。 今日は続きからですね。 では、行きましょうか。

 世界を支配する三大勢力。 その中で神聖ブリタニア帝国と中華連邦が政略結婚より、一つになろうとしている。 ゼロは中華連邦の象徴である、天子を奪うが・・・。 夢は運命を切り開くのか・・・思いは、すべてを超えられるのか・・・。 OPへ・・・。

 前回のゼロが天子様を奪ったところからですね。 香凛が指揮を執っているようで・・・。 第3班が、ゼロによって気絶させられていた。 まぁ、星刻たちの策がゼロによって使われているということだ。 藤堂さん、そのナイトメア、如何したんですか・・・。 おお、相変わらずスザクは到着が早いな。 ゼロたちはサードフェイズへ移行。 最近、スザクのランスロットの攻撃、防がれてばかりだな。 な!?藤堂さん・・・やるな。 朱禁城を後ろに・・・。 流石にこれは撃てない。 藤堂さんの攻撃によって、ランスロットは騎士団を追えないみたいだ。 ってか大宦官ウザイな。 有利なときだけでしゃばりやがる・・・。 ってか玉城。 お前地図も読めないのかよ。 つくづく使えないやつだ。 神楽耶もまた、天子様の”外に出たい。”という夢を覚えていた。 C.C.・・・。 お前道知ってんなら玉城に頼ることねーじゃねーか。 ゼロ「合衆国中華。 そのためにあなたが必要なのだ。」 合衆国日本は、合衆国連合の一部・・・。 ゼロ・・・お前、合衆国をどんだけ広げるつもりだよ。 日本だけにしとけ。 調子に乗りすぎると、後で痛い目に遭うぞ・・・。 ゼロ「システムにも寿命がある。 大宦官は、己が保身のためにあなたをブリタニアに売ろうとしたのです。 許せることではない。」 まぁ・・・大宦官に対するゼロの考え方には同意だが・・・。 ってか天子様と言えど、こんな小さい子に理屈を並べても、わからないと思うが・・・。 しかし、天子様も、よく6年前に黎 星刻と交わした約束を覚えていたな。 ゼロはその間に退席。 寧ろ、天子様と話すのは、神楽耶が一番適していると思うがな・・・。 友達だし、年も近い。 ん? 玉城、お前に就かせる役職なんざねーよ。 財務大臣? お前に務まるわけが無い。 うーん・・・柱が無くなっているね。 これも何かの作戦か? フフッ、所詮、大宦官だけでは何もできないようだな。 結局、星刻に頼る大宦官。 愚かな。 ほぅ、ゼロも星刻と同じことをやろうとしてたのか。 でも、星刻に先を越されたからそれを敢えて利用したと言う訳か。 むむ!? 黒の騎士団の先行部隊が次々と撃破されて行ってるね。 敵襲か。 神虎の登場だ! パイロットは星刻。 何気に紅蓮と同じ可翔型を搭載。 ・・・フッ。 愚かな。 性能も武器も分からない状態で突っ込むとは・・・馬鹿としか言いようが無い。 無駄死にするだけだというのに・・・。 神虎を甘く見すぎたな。 愚か者ども。 3機とも、瞬殺。 神虎なかなか強いな。 ナイトメアの性能だけではなく、星刻の実力もその内に入るわけだがな・・・。 Aパート終了。

 Bパート。 ちょっと天子様? ウエディングドレスで体育座りはヤバイんじゃないかなぁー・・・。 外では神虎にカレンが挑んでいた。 だから玉城は馬鹿なの? ラウンズと互角だからって、神虎に勝てるとは限らないだろ。 え? 神虎ってラクシャータのチームが作ったんかい! 神虎は扱えるパイロットがいなかったから、孤高のナイトメアになっていた。 だが、どうして中華連邦が所持してるんだ? いや、寧ろ大宦官か。 基本的に神虎に弱点は無し。 パイロットがいれば、ハイスペックなナイトメアだった・・・。 そのハイスペックなナイトメアを、見事に操る星刻。 星刻、恐るべし。 な!? ・・・流石に紅蓮も補給無しではな・・・。 エナジーが無くなったよ。 おい、玉城。 さっきと言ってることが違うぞ。 さっきは「大丈夫。」とかほざいていたのに、今は「だから補給しろって言ったのに!」 ・・・ころころと自分の意見変えますねー・・・・。 紅蓮のコックピットブロックは巻かれている。 脱出は不可能だな。 お? 星刻、そんな真似をして良いんですよ。 お前はお前の信念を貫いているとっても良い奴で、優秀な奴なんだから。 黒の騎士団後方に中華連邦の大部隊。 カレン、中華連邦軍に捕まっちゃったけど・・・。 さて、どうする?ゼロ。 ゼロはカレンに無線で、「諦めるな!必ず助けてやる!いいな!下手に動くな!」と指示。 180度回頭を指示する扇。 だが、ディートハルトは撤退を進言する。 ディートハルトの言う通りだな。 情けと判断は別けるべきだ。 ま、だからと言ってインド軍の方も”裏切らない”という確証も無いけどな。 ゼロの決断は・・・「決着を付ける!」 そうか・・・決着を付けるか・・・。 ってかゼロの戦略星刻にバレてるwww だが、そう読んでいながらも、敢えて敵の読み通り神虎で中央突破する星刻。 カッコ良いな。 まぁ、大体互角と言ったところか。 後はパイロットの熟練度の差の勝負ということだな。 中華連邦のほうが熟練度は勝っていたようで・・・。 ゼロは総力を挙げて星刻を潰しに来た。 まぁ、わざと敵に隙を作る、それかわざと敵の手に乗って、相手の出方を見る。 これ、結構重要なんだよね。 有能な指揮官はそれが出来ると言うことだな。 中華連邦軍のこの配置にも、真の意味があるのだろうね。 たった少しの油断が自軍を窮地に追い込む。 黒の騎士団のナイトメアが次々に沈んでゆく。 そこは干害開拓地。 そこがどうなったかというのは、中華連邦軍しか知らない。 この時点で、星刻の勝利が確定する。 ゼロ・・・布陣のことまで読んでいなければ、黒の騎士団の主力の移動、ゼロを足止めするなんてしないだろ。 最初から結果は見えていたのかもな。 地形をよく理解しているのは、中華連邦軍だもんな。 そこで決戦を挑んだ時点で、お前の負けは決まっていたのだよ、ゼロ。 敵の主力を封じた所で、一気に攻め込む中華連邦軍。 ほぅ・・・あのゼロが星刻の実力を認めたか。 ゼロは後退することを決断。 天はニ物を星刻に与えたが、その代わりに時間だけは与えなかった。 流石逃げ道だけは確保しているゼロだけのことはある。 まだ手を残していたな。 ふーん・・・天帝八十八陵に立て篭もろうと言うわけか。 そこは歴代の天主を祭るところ。 ここなら敵も攻撃しづらいな。 大宦官・・・どこまでも愚かな奴らだ・・・。 大宦官は、黒の騎士団と共に、星刻まで抹殺するつもりだったのか・・・。  ゼロ「勝ってみせる!この絶望的な状況からでも。」 本当にやれるのかねー・・・。 だが、ストーリーの進行上、やれるんだろうけどねー。 え!?えっ?えっ!? ゼロになっていて、中華連邦にいるはずのルルーシュが、なんでアッシュフォード学園にいるの!? EDへ・・・。

 Next Turn。 やってくれたな、この状況! 俺たちはただ追い詰められただけだ。 勝利の確立は限りなく・・・いーや、まだだ! この戦い、根底から覆してやる! 俺は、ここで終わるわけには・・・。 TURN 11「想い の 力」
 プレゼントコーナー。 ああ、そういえばコードギアスのノートPC発売してたな。 金あれば絶対買ったのに・・・。 スザク「ところでルルーシュ、君はずっと学園にいたのかい?」 ルルーシュ「当たり前だろ、俺は学生だからな。」 スザク「では、あのゼロは!?」 ルルーシュ「フッハハハハハハ、また来週!」

 結局語られずじまいか。 まぁ、ゼロのほうが本物で、学園にいたほうが偽者だろうけど・・・。 あれどうやってやったのかが分からないな。 ま、真実は来週分かるでしょう。 しかし、最近、ゼロはいったい何をしたいんだか・・・。 ブリタニアを倒した後は如何すんだ? その後って、結局シャルル皇帝がやっている独裁とほぼ変わらないんじゃないかな・・・。 合衆国連合だって元を辿れば、そういうことになるよな。 やっぱり、少し調子に乗りすぎだな、ゼロは。 後が怖いことを分かってんだろうかね、ゼロは・・・。 さて、そろそろ夏期アニメの放映日が近くなってきましたね。 なんか、この夏は、劇場版やOVAが多いようで・・・。 何時もの事かな? ま、新アニメにも期待しましょうかね。 本数少ないけど・・・。 夏アニメ何のレビューしようかな・・・。 決めかねています。 面白いものないかねー・・・。 一応テレパシー少女蘭には期待しているが・・・。 NHKアニメってハズレが少ないよな。 まぁ、一部萌えを持ってきたのもあったけど・・・。 代表はカードキャプターさくらでしょう。 ま、取り敢えず期待したい。 さて、今日はこの辺で。 また来週にでも。 see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

人気blogランキングよろしければクリックしてください。
目指せ!上位浮上!
こちらをクリックしてください→
人気blogランキングへそれだけで投票はOKになります。後は閉じるなり、他のブログサイト行くなりどうぞご自由に。 迷える俺に魂の救済を!!!清き一票、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »