« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »

2008年9月14日 - 2008年9月20日

09月18日のココロ日記(BlogPet)

ココロのひみつ、落ち込みに打ち明けちゃいました

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 23 「シュナイゼル の 仮面」

コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode3 コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode3

アーティスト:ドラマ,福山潤,櫻井孝宏,渡辺明乃,大原さやか,折笠富美子,水島大宙,保志総一朗,白鳥哲
販売元:JVCエンタテインメント
発売日:2008/09/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 コンバンワァ(*ノ゚▽゚)ノャァャァ♪ お久しぶりです。総司令です。
やはり、最近忙しいです。 その所為か、レビュー書けません。 でも、今日は書きます。 最終回、書けると良いが・・・。 では、簡潔レビュー行きましょうか。

 前回、フレイヤが落とされた。 兵士も混乱しており、中にはペンドラゴンが消失したとうわさする兵士もいる。 ジェレミアは、このことについて不謹慎だと言う。
 って咲世子さん! あんた生きていたんか! 咲世子さんはルルーシュに取り次ぎを頼む・・・。 ああ、そんなにボロボロになって・・・でも、よく生きていた! OPへ・・・。

 ナナリーは生きていた。 シュナイゼルの手によって。 ナナリーはフレイヤを落としたのが誰かも知っていた。 しかし、だからと言ってギアスの力が正しいのかと聞かれるルルーシュ。 うん、まぁ確かに正論だな。 だからと言ってシュナイゼルのやり方にも・・・。 ああ、ゼロがルルーシュだと言うこともバレたのか。 ルルーシュ・・・ついにナナリーにまで悪を貫き通すか・・・。 ルルーシュ頑張っている。手が震えてるぜ。 ナナリーもこの言葉信じなければな・・・。ルルーシュはナナリーの幸せのために・・・。
 ナナリー・・・勇気ありますね。 あのフレイヤの発射スイッチを自分にくれなんて・・・。 罪だけは背負いたい・・・か・・・。 こいつも兄思いの良い妹だよね、本当に・・・。
 ルルーシュ待て待て!取り乱すな! 確かに、シュナイゼルは常にお前の一方上を行く。 だから今回のカードの切り方も絶妙だった。 それがルルーシュの心を苦しめる。 そんなルルーシュにスザクは同情しない。 スザクは、ルルーシュの弱さと敵を排除する剣。 それならばC.C.には盾になれという事ね。
 なん・・・だと・・・? フレイヤはトウキョウ租界のときよりも10倍の威力!? リミッターを外したのか。 ニーナは信じられないと言う顔だな。
 ああ、やっぱり。 シュナイゼルは非難したとか言っていたがあれは嘘だったんだね。 ”嘘も方便” 俺がよく使う言葉だ。 うん、そうだよコーネリア。 そうやって人を操るのがシュナイゼルだからね。 システムと力で平和を維持すべき・・・。 シュナイゼルの考えはそうなのか・・・。 シュナイゼルの計画を聞いたコーネリア。結局コーネリアも騙されていた。 シュナイゼルは自らが神となるつもりか! ディートハルト・・・これを素晴らしいと? なんと愚かな・・・。 ってちょっと待てーーーーーーーー!!! コーネリアーーーーーーーーーーーーーーー!!!! コーネリアが・・・シュナイゼルの手によって・・・殺された・・・だと・・・!? 愚かな!愚か過ぎるぞ!シュナイゼル!
 さて、咲世子さんの話を聞けば、脱出艇は2隻あった。 フレイヤで消失したのは囮のほう。 咲世子さんは日本人。ならば黒の騎士団側に付くのが妥当。 咲世子さんも、騎士道に準じるんだね。 生粋の日本人だな、咲世子さんは。
 考え込んでいるルルーシュ。 これからナナリーを如何していくか・・・だな・・・。 もう特別扱いは出来ない・・・か・・・よくぞ判断したな!ルルーシュ。
 台詞はしばらく無かったが、皆、それぞれ最後の決戦の準備をしている。 己の正義と信念のために。 BGM・・・これは懐かしく、泣けるな。 ジノはカレンに感謝している。 ジノはブリタニアを敵に回すことになっても、黒の騎士団側に付くようだ。 Aパート終了。
 (*^ー^)/C□~~ コーヒーいかが? 且_(゚◇゚;)ノ゙ アチチ!

 Bパート。 さて、いよいよ最終決戦かな。 星刻はフレイヤは反対だが、世界がまとまることを優先して、シュナイゼルと手を組んだ。 ルルーシュとシュナイゼルの最終決戦の演説。 ほぅ。 ルルーシュがシュナイゼルにオープンチャンネルで通信するとはな・・・。 人質を盾に? (´,_ゝ`)プッ ルルーシュが人質を盾にしているのは最早常套手段だろう。 何を今更ww シュナイゼル自信過剰だろ。 確かにルルーシュには一度も負けたことが無いのかもしれない。 だが、それはその場その時の状況や運で決まる。 もしかしたら、ルルーシュが勝つことだって考えられる。 では、手合せと行きましょうか。 さてと、頭脳戦 VS 頭脳戦 の開始だな。 かといって、罠には双方とも引っ掛からない。 この見えない攻撃。 俺大好きだ。やっぱり、頭脳戦最高だろう。 ルルーシュも分かっていたんだな。 僅かな隙にシュナイゼルが見逃すはずはないと。引き千切られることも分かっていたようだ。 ルルーシュは陣形を立て直すために一度後退。 今のうちにチャンスだと言わんばかりに攻め入る黒の騎士団。 ルルーシュは、黒の騎士団を過小評価しすぎたようだな。 味方にすると心強いが、敵にすると厄介な相手。 この言葉が、今の黒の騎士団には似合うようだ。 ムム!? ルルーシュが言っていた”この手”とは一体・・・。 な!? 下からエネルギー反応!? あ、扇さんの回想。 そういえば、ヴィレッタはAパートの台詞なしBGMシーンの時にお腹に手を当てていたな。 まさかとは思ったが・・・。 やっぱりヴィレッタは妊娠していたか・・・。  ルルーシュが言っていた手とは、サクラナイトのことだった。 ルルーシュの基本戦術は味方の犠牲が前提なのさ。 だが、サクラナイトで敵の戦力は絞られた。 後はダモクレスを叩くだけ。
 さて、ナナリーの手によってフレイヤが今、放たれた。 フレイヤをここで撃ってきたシュナイゼル。 これにルルーシュはどう抵抗するんだろうか・・・。 ほーう。 ダモクレスから放たれたときから、フレイヤは既に臨界状態か・・・。 ならば、直ぐに爆発するのも頷ける。
 おお、あの馬鹿で使えないと思っていた玉城がカッコイイところを見せたな! 扇たちを守るためにカレント共に盾になったようだ。 ブリッジぐらいしか、守れなかったようだが・・・。それでも十分じゃない?
 さて、サクラナイトは一回きりの使い捨ての手だ。 フレイヤの残弾から計算すれば、ルルーシュの方が一手不利だな。 後はニーナ頼りだね。 恐らくニーナは、ユフィの敵云々言っている場合ではないと思うが・・・。 フレイヤを止めるために必死だからね。 シュナイゼルは自分の勝利を確信しているようだが・・・。 勝利を確信するのにはまだ早いね。 これからルルーシュがどうするかによって、戦況も変わってくるだろうしな。 EDへ・・・。

 次回予告。 俺とスザク、二人が手を組めば出来ないことは無い。 その筈だった・・・。 しかし・・・フレイヤが支配する戦場に、最早戦術は通用しないのか? 最後の賭けは・・・そのカードは? TURN 24 「ダモクレス の 空」

 ああ・・・コーネリア死んじゃったねー・・・。 これでギルフォードも天国でコーネリアに会えるなー・・・ってそれもそれで・・・。 何でナナリーと咲世子さんは生きているのに、ギルフォードは生き返ってこないのだ・・・。 あの時は、「これでナナリー生きてたら笑うな。」とか思っていたら、本当にそうなって笑っちゃうわなー・・・。 はぁ・・・コーネリアも志半ばで兄であるシュナイゼルに殺されたからねー・・・。 これは、シュナイゼル最低。 妹に手をかけたのだからな・・・。 まぁ、近いうちにルルーシュもそうなりそうだが・・・。 ま、期待しないで次回待ちましょうかね。 いよいよコードギアスもクライマックスだ。 やっと終わってくれるからね。 ってなわけで来週できるかどうかは分かりませんが、一応また次回。 それではsee you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

人気blogランキングよろしければクリックしてください。
目指せ!上位浮上!
こちらをクリックしてください→
人気blogランキングへそれだけで投票はOKになります。後は閉じるなり、他のブログサイト行くなりどうぞご自由に。 迷える俺に魂の救済を!!!清き一票、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »