« 2008年9月21日 - 2008年9月27日 | トップページ | 2008年10月5日 - 2008年10月11日 »

2008年9月28日 - 2008年10月4日

黒執事 第一話「その執事、有能」

ドラマCD 黒執事 ドラマCD 黒執事

アーティスト:イメージ・アルバム,セバスチャン・ミカエリス(森川智之),シエル・ファントムハイヴ(沢城みゆき),タナカ(麦人),バルド(小山力也),メイリン(折笠富美子),フィニ(高城元気),エリザベス(斎藤千和),アズーロ(平田広明),クラウス(染田清之),マダム・レッド(勝生真沙子),森川智之,沢城みゆき,勝生真沙子,遊佐浩二,麦人
販売元:フロンティアワークス
発売日:2007/08/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 コンバンワァ(*ノ゚▽゚)ノャァャァ♪ 総司令です。
さて、こちらで今日から始まったアニメ、黒執事。 そのレビューを書いていこうと思います。 まぁ、何だかんだで悩んだ末、黒執事かガンダム00を中心にレビューしていきます。 どちらとも、俺の気分次第でやったり、やんなかったりしますが、まぁ、そこはご愛嬌ということで。 明日のガンダム00もやるかどうか正直分からないしね・・・。 今後の展開次第ですね。 ガンダム00の方は・・・。 さて、黒執事レビュー。 行きましょうかね。

 む・・・。白い羽がいっぱい。 その中に当アニメ主人公、シエルがいた。 何やら、誰かと神の信仰だの・・・何だの・・・。 一体なんですか・・・。 謎の男「今一度問う。 汝、契約を欲するか?」 シエル「くどい! 契約し、速やかに我が望みを聞き届けよ!」 シエルがそう言った途端。周りの白い羽が黒い羽に変化した。 OPへ・・・。 OPもダークって感じだ。 こういう系が好きな俺にとっては、このアニメは合うかもしれない。

 セバスチャン「坊ちゃん、お目覚めの時間ですよ。」 ああ、こういう貴族階級だと、執事が朝起こしにきて、朝食だの何だの言って、着替えもやってくれるんだよなー。 貴族の何時もの朝の風景のようで・・・。 ほう・・・。シエルの投げたダーツの矢を後ろ向き、しかも片手でキャッチするとは・・・。 流石はセバスチャンだな。 シエル「うちの執事は有能だ。」 確かに、シエルの言うとおり、シエルの執事は有能だな。 タイトルロゴ。
 うん、まぁ確かに。 普通はまぁ、刺さるけど!けど! 後頭部を狙うな!シエル! これ痛いじゃすまないw ・・・セバスチャンは、仕事熱心なようで・・・。 職務怠慢は、許さないようですね。 こいつ・・・できる! セバスチャンは、執事の要ですね。 一流の執事だ。 バルド良い事いいやがるが・・・。 果たしてこの三人でセバスチャンを「あ!」といわせることが出来るのだろうか・・・。 いやいやいや・・・フィニとメイリン・・・お前らが「あ!」と言ってどうするよ・・・。 ほう・・・シエルはファントムハイヴ家の当主と言う自覚はあるわけか・・・。 だからって父親と母親であろう肖像画を外していいものだろうかねぇ・・・。 両親は事故か何かで亡くなったんだろうけど・・・。
 で?・・・。 どうやったらあの三人で何ともこんな有様になるので? 植物は枯れ、ガラスや皿は割れ、料理は黒コゲに・・・。 フィニ「効果あると思って、除草剤の原液を直接掛けちゃいました。」 メイリン「お客様用のティーセットを出しておこうと思ったら、転んで台車ごと・・・。」 バルド「生肉が置いてあったから、焼いてやろうと思ってな・・・その・・・火炎放射器で・・・。」 ・・・・・・メイリンはドジで良いとしても、バルドとフィニは馬鹿か?ww 何をやってんだこの馬鹿三人組は・・・。 お客様が来るまで、せいぜい2時間しか残されていない。 さて、どうする?セバスチャン。 ん?タナカを見て何かを思いついたようで・・・。湯のみ? そんなんで何とかできるものなのかねぇ・・・。 おお・・・・成る程。 「和」に仕上げた・・・という事か・・・。 何と言う日本の文化。素晴らしい。 セバスチャン、ナイスだ! セバスチャン「ファントムハイヴ家の執事たるもの、このくらい出来なくてどうします?」 セバスチャン・・・お前・・・出来て当たり前。 そう思っているとは・・・。 こいつ・・・執事の鏡だ。
 商談中。 シエルは相手の商談を聞こうとはしていないご様子。 何と言うか、双六の方に集中していると言ったところか。 このシエルのやっている双六、そしてシエルの言った言葉・・・。 まるで相手が倒産すると言っている様なものだな。 調子に乗るな、という事か・・・。 Aパート終了。
 (*^ー^)/C□~~ コーヒーいかが? ~~旦 ゝ(-_- ) すまぬが高いコーヒーにしてくれぬか?

 Bパート。 三人組が、執事に言われたとおりの準備をしている。 メイリンはドジっ娘だからねー。 よく転ぶな。 取り敢えず、この三人の出番は終わりのようだ。 後はセバスチャンがやるようで・・・。 三人にはぐれぐれも大人しくするよう言う。 ん?今、二回言ったね?セバスチャン。 大事なことなので2回言いましたね? よっぽっど、邪魔するなと言いたいのだろう・・・。 さて、晩餐の用意が整ったようで、セバスチャンが呼びに来る。 ゲームの続きは、後にって事になったようだ。
 ん?セバスチャン、今何と? 牛叩き丼? 切ってのせただけと書いてあるが?・・・。 しかもセバスチャン、ナイスフォロー。 どこまで完璧なんだ、この人は。 ああ・・・。メイリンが・・・メイリンの様子が・・・。 なああああ!? メイリン!メイリン!ワイン零してるよー! むむ!?セバスチャン、テーブルクロス引きまで上手いのか・・・。 なんて奴だ・・・。 出た!番宣で言っていた「あくまで・・・執事ですから。」 しかし、平然と言ってのけるセバスチャン・・・一体何者だ・・・こいつ・・・。 ま、確かに。セバスチャンの言う通り、イタリアはコーヒーが主流だ。 紅茶には中々巡り合えないだろう。 特にこの当時はな。 シエルが気に入らないのも、無理はないだろう。 ファントムハイヴ流の持成し方か・・・。 セバスチャン「YES、マイロード。」 まぁ、実際これは使われていたからな。 某アニメを思い出したとか言っても、あれはまた別だ。 あんまり思い出したくは無いが・・・。
 うーん・・・やっぱり、相手は悪い奴のようで・・・。 相手は馬鹿だなー・・・。 所詮相手は子供?侮ってはいけないな。 子供でも、厄介なのがいるのは当然でしょう。 軽く見てると、揚げ足取られるに決まってるな。 シエルは最初から気付いていたようだが・・・。 そういう奴にはお仕置きが必要だからな。存分にやっちゃえ!
 三人組は雑用だな。ってかメイリンのメガネ、ヒビ入ったまま直ってないな。 あれ?メイリン、バケツは? あ~あ、振り回しているから・・・。
 ああ・・・足が明後日の方向に曲がってる・・・。 ほう、まだ動けると。 まぁ、加減はしているようだからな・・・。 おお、セバスチャン。 笑顔の中に怖さを感じる。 こういう黒い奴、俺大好きだ。 俺もSですからね。 さぁさぁ、まだデザートが残ってるよ。 セバスチャン「どうせ足を失っては、半分の目しか進めないのですから、ごゆっくりなされては如何です?」 黒い、だがそこが良い。 暗い部屋だな。 セバスチャンの足音が、ゆっくりと迫ってくる。 客は隠れる。 セバスチャン「なんてせっかちなお客様でしょう。 オーブンの中のデザートにまで手をお出しになるとは・・・。」 セバスチャン「うーん・・・。 イタリアの方はご存知でいらっしゃいませんか? グラムプディング、ミンスパイル。 ここ英国には、肉の脂を用いたデザートが、数多くあるのです。」 まぁ、人間の肉じゃ無いけどな。 シエル「紅蓮の炎に身を焦がす。」 セバスチャンはフィニとバルドにデザートを持ってきた。 ついでに、オーブンを新しいのに変えてと頼む。 フッ・・・フフフ。 客は工場を黙って売却した。 だが、それなのに労働力の確保・・・。 隠し通せるとは思えませんね。 ペテン師が。 シエル「一度失ってしまったものは、二度と戻ることは無い・・・。」
 ありゃ、壁紙、張りなおさないと駄目だね。 肖像画が飾ってあったところだけ色違うしな。 うーん・・・やっぱシエルの両親がどうなったのか気になるな。 EDへ・・・。 EDはダークではないな。明るい。 対称にってな。

 次回予告。 セバスチャン「坊ちゃんは別名、女王の番犬と呼ばれております。 小さな体に大きな投資。 麻薬密売組織を相手に七転八倒する坊ちゃんの勇姿を、皆様、お茶を片手に薄笑いでお楽しみくださいませ。 私が、ファントムハイヴ家執事の名に掛けて披露する、華麗なシルバー捌きも、お見逃し無く。」 次回 黒執事 「その執事、最強」 セバスチャン「あくまで、執事ですから・・・。」

 書き終わった。 今日はちょっと凝りました。 お陰で1時間ぐらい掛かった・・・。 それでは、次回の黒執事では、セバスチャンに言われたとおり、お茶(又はコーヒー)を片手に、薄笑いで見ましょうかね。 次回の黒執事も期待しながら見ましょうかね。 さて、明日はからは、ガンダム00ですね。 明日はレビューするか正直微妙なので、期待しない程度にお願いします。 もしかしたらやるかもー程度に留めて置いてください。 どうなるか分かりませんので。 いやー、しかし、ガンダム00はタイムラグなしで見れるから良いよねー。 全国放送は良いですねー。 でも、一部地域を除くのかね? よく分からんが・・・。 続きが気になるガンダム00乞うご期待!っと言ったところですね。 では、明日の放送を楽しみにしましょう。 それではsee you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

人気blogランキングよろしければクリックしてください。
目指せ!上位浮上!
こちらをクリックしてください→
人気blogランキングへそれだけで投票はOKになります。後は閉じるなり、他のブログサイト行くなりどうぞご自由に。 迷える俺に魂の救済を!!!清き一票、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月02日のココロ日記(BlogPet)

今日の夕ごはんは、覚悟づくしで攻めてみます!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 25(FINAL TURN) 「Re;」

コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode4 コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode4

アーティスト:ドラマ,小清水亜美,福山潤,櫻井孝宏,ゆかな,若本規夫
販売元:JVCエンタテインメント
発売日:2008/10/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

コンバンワァ(*ノ゚▽゚)ノャァャァ♪ 総司令です。
さて、体育祭は無事に終わりました。 疲れていますが、何とかコードギアス最終回のレビュー、行きたいと思います。

 前回、ナナリーの開眼で終わったギアス。 兄妹のご対面だな。 ナナリーガフレイヤを撃っていたことを確認したルルーシュ。 そういえば、何だかんだでナナリーにだけはギアスを使っていなかったよね。 ルルーシュは。 OPへ・・・。 これでOPも見納めか・・・。

 タイトルロゴ。 さて、カレンとスザクの最終決戦の開始のようだ。 これはどうなるか・・・楽しみだな。 皆逃げている中、リヴァルとミレイだけは逃げないみたいだが・・・。 ジェレミアとアーニャとの戦い中々見物だな。
 って藤堂さん! その怪我では!・・・。 出撃しても死ぬぞ!
 ナナリーが願っていたこと、それは隠居生活でもルルーシュと共に幸せに暮らせること。 他は何もいらない。 ってか今思うに、ルルーシュって拾ってくれたアッシュフォード家に恩を仇で返したようなものだね。 アッシュフォード家の人はミレイ以外に出てきてないけど・・・。 しかし、ここまでブラコン、シスコンな兄妹もある意味で凄いな。
 スザク、カレン両者が自分の考え思いを互いにぶつけながら戦っている。 組織・・・ね・・・。 入れる奴は入れるが、入れない奴はどうする。 カレンの主張。 組織にしか入れない奴はどうする。 セレクトは? スザクの主張。
 だから藤堂さん、お前死ぬって・・・。 って出撃する前に藤堂さんダウンか・・・。 まぁ、あの怪我じゃ無理でしょうね。
 ラクシャータはロイドたちが裏切ったことを認めないのかね・・・。 それとも今まで敵だった奴が裏切ったから信じてないだけなのかね・・・。 玉城、お前もうそんな怪我じゃ戦えねーだろ。 馬鹿でもあんな活躍したんだ。 それで良いと思うが・・・。
 世界が思い通りになるギアス、それは卑劣だ。 ナナリーはそう言う。 ナナリー曰く、「ダモクレスは憎しみの象徴になる。 憎しみは全てここに集める。」だそうだ。 兄妹ってこんなにも考えることが似るのかね・・・。 ルルーシュとナナリーの違いは、憎しみの対象だけか。 自分自身を対象とするルルーシュ。ダモクレスを対象とするナナリー。 ルルーシュはナナリーにギアスを掛ける。 ナナリーが背負った罪の分まで背負うつもりか?ルルーシュ。 ギアスの力には誰も抗えない。 最終的にナナリーはダモクレスの鍵を渡してしまう。
 ジェレミアとアーニャの戦闘。 アーニャが勝ったかに思えたが、ジェレミアの執念が・・・。 最終的に逆転勝利。 ジェレミア恐るべし! 何か、ジェレミアのギアスキャンセラーを久々に見た気がする。
 さて、カレンとスザク。 輻射波動の弾切れ、シールドエナジー切れ。 後は実力で勝負のみ。 カレン、スザク共に強いな。互角なんだから・・・。 結果は、引き分けと言ったところか・・・。
 ルルーシュ、強くなったな。 ナナリーに悪魔だと言われても動じない。 ナナリーに分かる日が来るのかな・・・。ルルーシュの思いが・・・。 ルルーシュは、これにて世界統一を成功。 だから・・・オールハイル、ルルーシュ!! は無いだろ・・・。 Aパート終了。
(*^ー^)/C□~~ コーヒーいかが? ~~旦_(。-_-。)いい仕事してますな~

 Bパート。 2ヵ月後。 日本は、皇帝直轄領になっていた。 反逆者を乗せた車が処刑場へと向かっている。 EUが合衆国憲章を批准したようだな。ってかスザク死んだの? ナナリーも一応反逆者扱いなのね・・・。
 そんな中、ヴィレッタとコーネリアは隠れている。 処刑場へと向かう途中。 目の前に何かが現れる。それは・・・。 何!?ゼロ・・・だと・・・!? ならば誰が・・・ああ、スザクか。 スザクしかいまい。 カレン、ルルーシュたちがやろうとしたことに気づいたね。 勘が鋭い奴だ。 ああ、この計画、ジェレミアも知っているのね・・・。 今、明かされたゼロレムイエムの計画。 それは・・・スザクがルルーシュを殺すと言うものだった。 憎しみを自分自身に向け、そしてゼロに変装したスザクに自分を殺させる・・・。 憎しみの連鎖を断ち切らせるつもりだ。 ルルーシュが考えていたことは、世界を軍事力では無く、話し合いと言う一つのテーブルにつくことが出来る。 明日を迎えられる。 それが・・・ゼロレクイエム。 Cの世界で、人々が明日を望んでいることを知った二人。 それに基づいたわけか・・・。 ルルーシュ曰く、「願いはギアスに似ている。」 確かにそうかもしれない・・・。 ルルーシュが行ってきたことは悪いことだが、誰かがルルーシュみたいなことをしなければ変われなかったかもしれないしね。 人々を願いと言うギアスに掛けると言ったルルーシュ。 お前、本当良い奴なんだよなー・・・。 ルルーシュは皆にギアスを掛けた代償として、自分の命を捧げた・・・。 それと共に、世界の平和の為に・・・。 そして、もう一つ。 ルルーシュは、スザクを救世主にして、スザクを二度と苦しませないようにした。
 スザク「(涙を流しながら)ル・・・ルルーシュ。」 ルルーシュ「これは・・・お前にとっても罰だ・・・。 お前は・・・正義の味方として・・・仮面を被り続ける・・・。 枢木スザクとして生きることは・・・もう無い・・・。 人並みの幸せを・・・全て世界に捧げてもらう・・・永遠に・・・。」 スザク「そのギアス・・・確かに受け取った。」 やばいな・・・ここら辺のシーン・・・泣けるなぁ・・・。 ナナリーの元へと落ちていくルルーシュ。 一瞬、ナナリーは何が起こったか分からなかったようだ・・・。 ルルーシュの手に触れた瞬間、ナナリーはルルーシュの思考を読み取った。 ナナリーの「お兄様・・・愛しています!」 良い言葉だ・・・。 ああ・・・ルルーシュ、お前は世界を壊した。 だが、同時に新たな世界も作ったな・・・。 ナナリー・・・お前の・・・その叫びが・・・悲しすぎる・・・。 カレンが敢えてスザクをゼロと言ったのにはもう・・・。 しかも涙なんか流しながら・・・。 駄目だ・・・ナナリーの言葉にどうしても泣いてしまうな・・・。 ナナリーは兄であるルルーシュだけいれば幸せだった。 ルルーシュと共に日常を暮らせることが幸せだった・・・。 だが、ルルーシュは・・・。 ナナリー「ずるいです。私は、お兄様だけで良かったのに・・・。 お兄様のいない明日なんて・・・。そんなの!・・・。」 ここで泣くナナリー。 何て言うか・・・BGmが逸品過ぎる・・・。 流石は浦上さんだよなー・・・。 ここでこのBGM・・・。 最高だ。 俺もねー、こんな音響監督なれれば良いなと思う。
 その日から何日か何週間か何年か経ったある日。 カレンがアッシュフォード学園の制服を着ている。 登校風景か。 そっか・・・日本人も学校へ通えるようになったか・・・。 これも全てルルーシュのお陰かな。 戦争に振り向いていたエネルギーは、飢餓や貧困へ向けられている。 色んな憎しみや、悪事はほとんどルルーシュに押し付けられて。 おお、ナナリーが元気になってるな。 目は開けられたが、足はまだか。 頑張れナナリー。 扇とヴィレッタは結婚したな。おめでとう。 末永くお幸せに。 玉城カフェみたいな店をやっているな。 ってえwww ジェレミアがアーニャとオレンジ栽培してるwwww オレンジだけにかww そんな、最終回までギャグをやらなくても・・・。 お、ダモクレスだ。 太陽に突っ込ませて消滅か。 これで平和に。 おや、C.C.が拘束衣を着ていない。 そっか。C.C.も新たな道を歩み始めたってことだな。 C.C.「ギアスという名の王の力は、人を孤独にする。 フッ・・・。 少しだけ違っていたか。 なぁ?ルルーシュ。」 EDへ・・・。 さて、EDもこれで見納めだな。

 さて、これでギアスは終わりですね。 お次はガンダム00ですね。 番宣見る限りでは、楽しみですねー。 音響監督の浦上さんには、お疲れ様と言いたい所ですが、今度は00をやるでしょうしね。 ガンダムのほとんどはAPU MEGURO STUDIOですからね。 只、ファーストガンダムは整音スタジオでしたが・・・。 確か00もAPUだったと思います。 何せ他バックと並んでAPUはアニメ音響の代表格の一つですからね。 大体のポピュラーアニメはタバックかAPUですよ。 この二つが代表格ですしね。 まあ、ガンダム00、是非とも頑張ってください。 そして、ギアススタッフの方々。 今までお疲れ様でした! スタッフは悪くない。 ギアス2期が駄作と言われたのは監督の所為ですw スタッフは何も悪くないですよ。 与えられた仕事をしただけですから。 スタッフ責めないで下さいね。 秋アニメがいよいよ開始されていくわけですが・・・多いなぁ・・・。 40本くらいあるっけ?毎年こんなに出してよく持つねー・・・。 世の中には、アニメ化されていない漫画が数多くはあるけど・・・。 逆にアニメ化失敗すれば最初から作らないほうが良かったと言う作品も数多くあるわけで・・・。 本当にいい作品ってのは何なんでしょうね・・・。 感動させるものか、キャストが豪華なのか、ギャルゲーみたいに笑いを取りつつも、感動を入れたものなのか・・・。 本当に良い作品というものは、視聴者から見ての全ての面において75%位良いと思える面があることが良い作品になっていくのではないかと・・・。 ってか人間が作っているものだから100%は無いと思いますよ。 完全なものがあれば、見てみたいものですね。 完璧主義でも全て完璧には行きませんからね。 あ、そういえばクラナドのアフタースートリーも秋でしたね。楽しみです。 のらみみ2とか他にも楽しみなのはいっぱいありますがね。 ま、とにかく期待して待っていましょうか。 最後に、レビューについては、見通しがありません。 クラナドでも良いかなと思っているのですが、何分アニメ多いので見るだけで精一杯ということもありますので・・・どうなるか分かりません。 ま、その日のアニメの多さからレビューはしていきたいと思っています。 それではこの辺で。 see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

人気blogランキングよろしければクリックしてください。
目指せ!上位浮上!
こちらをクリックしてください→
人気blogランキングへそれだけで投票はOKになります。後は閉じるなり、他のブログサイト行くなりどうぞご自由に。 迷える俺に魂の救済を!!!清き一票、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月21日 - 2008年9月27日 | トップページ | 2008年10月5日 - 2008年10月11日 »